FC2ブログ

ヘルシーライフ 塩とごま by momoniwa

ニュートリエント(栄養素)をエビデンスに、マクロビオティック、Living Food(Raw Food)の考え方を取り入れたbalanced foodの提案。ココロとカラダのヘルシー・クリエイティブ・ライフスタイル。

Entries

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

パッションフルーツで免疫力up 

パッションフルーツが実りました。
パッションフルーツ実

緑のカーテンに!
と窓辺に置いたパッションフルーツですが、緑の果実があずき色に色づき、ぽとりと落下。
食べごろのお知らせのようです。

自家製豆乳ヨーグルトとともにいただきました。
パッションフルーツヨーグルト
甘酸っぱい香りがお部屋に広がり、真夏の暑さにうだりながら気分はトロピカル!

種ごとかりかりいただきます。

この夏は、6つ収穫!

そして9月。
ふと窓辺を見ると、また花が咲いていました。
パッションフルーツ

すごいデザインですね。
トケイソウの仲間で、別名クダモノトケイソウという名前なのだとか。
1日花なので、だめもとで早速人工授粉に挑戦してみました。

2日後の晩、ふと窓辺を見ると、
え?受粉成功?
もう結実していました。写真 3

変化が早くてびっくりです。
花は、すっかり姿を変えていました。

10日もすると、もうこんなに大きくなりました。
写真 2-1

小さな実のほうも、いまでは同じぐらいの大きさになり、立派なパッションフルーツとなっています。
1ヶ月後が食べごろのようです。

6月と9月の2回、開花時期があるんですね。
教科書通りに、開花し、そして見事に実りました。

このパッションフルーツ、特に手入れなどしなくても、元気すくすく育ってくれます。

そして、効能ですが、
免疫力を上げる作用があり、感染症、動脈硬化、貧血などの予防や発ガン抑制、老化防止効果ですって!

相当前ですが、粘膜の弱い母がずっと喉痛で困っていたときに、
パッションフルーツを取り寄せて、ひとりで"お薬だから"と食べていたっけ。
美味しそうで羨ましかった記憶が蘇りました。笑

成分は、糖質、ビタミンA(βカロテン)、ビタミンB群(ビタミンB1、ビタミンB2、ビタミンB6、葉酸、ナイアシン、パントテン酸)、ビタミンC、ビタミンE、カリウム、カルシウム、マグネシウム、マンガン、リン、鉄、亜鉛などで、抗酸化ビタミンのβカロテンは、100gあたり1100μgと果物類では、トップクラスだそうです。

これが家で実るのは、うれしいですね。

日当りのいい屋外だと、かなりの量が収穫できるようです。

その上常緑で耐寒性もあるので、広い地域で育成可能なのではと思います。

momoniwaからもお薦めグリーンです!

スポンサーサイト

Comment

Comment_form

管理者のみ表示。 | 非公開コメント投稿可能です。

ご案内

プロフィール

momoniwa

Author:momoniwa
Ph.D(医学)、ヘルシーライフ・クリエーター
フォトグラファー、写真療法士、ヘルシーフードデザイナーとして活動。
アメリカ、オランダのクシ・インスティテュートでマクロビオティックを学ぶ。ニュートリエント(栄養素)をエビデンスに、マクロビオティック、Living Food(Raw Food)の考え方を取り入れたbalanced foodをデザイン。Healthy CuisineとCreative Life でココロとカラダを元気に!

最新記事

最新トラックバック

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。