ヘルシーライフ 塩とごま by momoniwa

ニュートリエント(栄養素)をエビデンスに、マクロビオティック、Living Food(Raw Food)の考え方を取り入れたbalanced foodの提案。ココロとカラダのヘルシー・クリエイティブ・ライフスタイル。

Entries

赤大根とニンジンのタイ風なます

赤大根ソンタム
赤大根とニンジンでタイ風まなすを作りました。

赤大根は、皮だけではなく芯まで赤い!
さらにレモンを加えることで艶やかな赤へと発色します。

材料
赤大根(なければ白い大根でもOK)
ニンジン
(あればニンジンの葉)
ミント(コリアンダーもよくあいます)
ナンプラー(唐辛子漬けナンプラーはさらにGood)
レモン汁

作り方
1) 大根、ニンジンは千切りにして軽く塩をふり、しんなりさせておく。
2)ニンジンの葉は、堅い茎を取り、葉だけを粗くみじん切りにする。
3)1)2)と洗って茎から外したミントの葉を合わせ、ナンプラー、レモンで味を整える。
 ※ナンプラーはとても塩味が強いので、入れすぎないよう注意!

タイの代表的な青パパイヤのサラダ・ソムタムと同じ味付けですよ!
ニンジンの葉や、ミント、レモンの香りが爽やかなサラダです。

赤大根:紅くるりは、アントシアニンの含有量も豊富で抗酸化力を示すラジカル補足能も高いので、免疫力アップに有効ですね。また、ニンジンに大量に含まれるβカロテンは、高い抗酸化作用とともに、美肌・アンチエイジングや生活習慣病の予防にも効果があるそうです。
カロテン(carrotin)の語源がcarrotということですから、その豊富さがわかりますね。
この時期が旬となるこの2つの野菜の組み合わせ「なます」は、先人の智恵を感じます。

ニンジンの葉も栄養満天なので、是非活用して欲しいものです。
実は、カロテン(ビタミンA)、カルシウム、鉄分などは、根の部分よりも葉に豊富なのだそうです。

そして、味付けに使ったナンプラーですが、
カタクチイワシの塩漬けからでてきた発酵エキスを漉したもの。
momoniwaも手作りアンチョビを作ったときに、コーヒーフィルターで何時間も漉して、
美しい黄金色のナンプラーを作りました。
今回もその手作りナンプラーで作ってみましたよ。

このナンプラーもすごい優れものなのです。
カリウム、鉄分、カルシウム、たんぱく質、ビタミンA、 ビタミンB2、ビタミンB6、ビタミンD、ビタミンEが豊富。さらに、DHA・EPAなどが豊富に含まれているのだそうです。DHA(ドコサヘキサエン酸)は、抗ガン作用に加え、「脳の栄養素」と呼ばれ、記憶力や脳の発達を高めるのだそうです。EPA(エイコサペンタエン酸)は、うつ病や統合失調症にも効果がみられているそうですよ!さらに、脳の中で神経伝達物質を増やすやる気のもとチロシンや、老化防止に効く核酸も豊富に含んでいるのだそうです。もちろん、天然のアミノ酸でうまみもたっぷり。調味料として、活用してはと思います。

というわけで、来年のお正月に、少しエスニックなタイ風なますはいかがですか?
スポンサーサイト

Comment

Comment_form

管理者のみ表示。 | 非公開コメント投稿可能です。

ご案内

プロフィール

momoniwa

Author:momoniwa
Ph.D(医学)、ヘルシーライフ・クリエーター
フォトグラファー、写真療法士、ヘルシーフードデザイナーとして活動。
アメリカ、オランダのクシ・インスティテュートでマクロビオティックを学ぶ。ニュートリエント(栄養素)をエビデンスに、マクロビオティック、Living Food(Raw Food)の考え方を取り入れたbalanced foodをデザイン。Healthy CuisineとCreative Life でココロとカラダを元気に!

最新記事

最新トラックバック