ヘルシーライフ 塩とごま by momoniwa

ニュートリエント(栄養素)をエビデンスに、マクロビオティック、Living Food(Raw Food)の考え方を取り入れたbalanced foodの提案。ココロとカラダのヘルシー・クリエイティブ・ライフスタイル。

Entries

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

季節の蒸物

岩永さんのレンコンが手に入ったので、愛知の知人がくださった銀杏と百合根を入れて、蒸物を作りました。
レンコン蒸し3

momoniwaは蒸物の葛あんかけが大好き!
あっつあつで、こころも体も温まりました。

あっという間にやってきそうなお正月に、こんなハートフルな一品はいかがでしょう。

1)まず、銀杏の殻を包丁の背で軽く叩き割り、実を取り出して、ぬるま湯で薄皮を剥きます。
この作業、ちょっと面倒ですが、美味しいから頑張ります!
そして、すり鉢にいれて、軽くつぶします。
銀杏

2)百合根はキャベツを剥くように1枚ずつ皮を外して、洗っておきます。大きいものは食べ易い大きさに切ります。
百合根

3)レンコンはすりおろし、軽く塩をふり、1)、2)と合わせます。すったレンコンから出てきた水分にもデンプン質があり、もちもち感をだしてくれるので、それも合わせて器に入れます。
レンコン蒸し1

4)3)を鍋に入れて、蓋をして蒸します。今日は、少し器が多めだったので15分蒸しました。器によって蒸し時間は違ってきます。

5)蒸している間に、出汁に塩を入れて味を整え(醤油を少し入れてもいいですが、私は塩だけが好きです)、すまし汁より若干濃いめにし、そこに水溶き葛をまわし入れ手早くかき混ぜて、出汁が澄んできたら餡のできあがり。(葛がなければ片栗粉でもoKです。) 好きなとろみ加減にね!

6)蒸し上がった4)に5)を流し入れ、すりおろした柚子の皮少々と、わさびを添えて出来上がり。蒸し椀があれば、蓋をしてテーブルに!
レンコン蒸し2

葛あんとわさび、蒸したレンコンをよくからめ、熱々をいただきます。
出汁の風味と蒸し野菜達のハーモニーが、繊細で美しい!
家族の笑顔が想像できちゃいます。

京都を思い出す、極上の逸品の出来上がりです。

そして、寒い日も増えてきたので、季節の温野菜で体を温めましょうね!
スポンサーサイト

Comment

Comment_form

管理者のみ表示。 | 非公開コメント投稿可能です。

ご案内

プロフィール

momoniwa

Author:momoniwa
Ph.D(医学)、ヘルシーライフ・クリエーター
フォトグラファー、写真療法士、ヘルシーフードデザイナーとして活動。
アメリカ、オランダのクシ・インスティテュートでマクロビオティックを学ぶ。ニュートリエント(栄養素)をエビデンスに、マクロビオティック、Living Food(Raw Food)の考え方を取り入れたbalanced foodをデザイン。Healthy CuisineとCreative Life でココロとカラダを元気に!

最新記事

最新トラックバック

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。