FC2ブログ

ヘルシーライフ 塩とごま by momoniwa

ニュートリエント(栄養素)をエビデンスに、マクロビオティック、Living Food(Raw Food)の考え方を取り入れたbalanced foodの提案。ココロとカラダのヘルシー・クリエイティブ・ライフスタイル。

Entries

映画「リーディング 」を観てきました

reading.jpg

エドガーケイシーの偉大なる仕事を明らかにした白鳥哲監督の映画「リーディング」を鑑賞してきました。

momoniwaが30代の頃、ケイシーにとても興味を持っていました。
そのときに学んだことは、「自分が生きていく意味と目的」でした。

久しぶりにケイシーに触れて、忘れていたことをたくさん思い出すことができました。

ケイシーは、生涯を通して15000件近いリーディングを残していますが、そのなかでも最も多かったのが病気の処方・身体に関するもの(physical reading)だったそうです。
今から約150年前1877年生まれのケイシーの時代に、正確な医学用語を使って食べ物やひまし油湿布による病気に対する処方を行っていました。
ケイシーはどこからこれらの情報をリーディングとして受け取っていたのでしょう。

それは、アカシックレコード!

聞いたことあるかたもおられるかもしれませんが、
「宇宙が誕生したときから現在まで全ての情報、記録がある図書館みたいなところ」
だそうです。

私たちが計り知れないどこかに存在していると聞きます。

ケイシーは、軽い眠りに入るとここにアクセスすることができ、そこから得た情報からさまざまな質問に答えていたのだそうです。

世の中には不思議なことがあるのですねー。

最近はケイシーのリーディングがいろいろな医院でも活用されているようで、ネットでもさまざまな病気の処方に関する情報が開示されているようです。
そして、その処方により病気が改善された方も多いそうです。

ケイシーは身体的な病気を、「血の汚れ」によるものと捉えています。
そして、精神的な病気に関しては背骨の歪みが原因だといっています。
決して脳の病気ではないと。

これ、すごいですね。

最近、momoniwaもまさにそう思っていたところに、
タイムリーなケイシーからの答えでした。

マクロビオティックにも共通するところもあり、共通しないところもあったり。
こちらも検証の余地ありでした。

改めて、ケイシー・リーディングに注目しているmomoniwaです。

映画、必見です!
「リーディング」

スポンサーサイト

Comment

Comment_form

管理者のみ表示。 | 非公開コメント投稿可能です。

ご案内

プロフィール

momoniwa

Author:momoniwa
Ph.D(医学)、ヘルシーライフ・クリエーター
フォトグラファー、写真療法士、ヘルシーフードデザイナーとして活動。
アメリカ、オランダのクシ・インスティテュートでマクロビオティックを学ぶ。ニュートリエント(栄養素)をエビデンスに、マクロビオティック、Living Food(Raw Food)の考え方を取り入れたbalanced foodをデザイン。Healthy CuisineとCreative Life でココロとカラダを元気に!

最新記事

最新トラックバック