ヘルシーライフ 塩とごま by momoniwa

ニュートリエント(栄養素)をエビデンスに、マクロビオティック、Living Food(Raw Food)の考え方を取り入れたbalanced foodの提案。ココロとカラダのヘルシー・クリエイティブ・ライフスタイル。

Entries

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

pain au levain そして Carotte râpée

pain au levain。

フランス語で天然酵母のことをルヴァンといいます。
今日のmomoniwaラボは、レーズンの自家製ルヴァンと、フランス産の強力粉を使ってleanなpetit pain(小さなパン)を焼きました。
家で一次発酵させたあと、オーブンをお借りして焼きましたが、
やはり、発酵のタイミングと、慣れないオーブンでは勝手が分からず、
完成度は70点というところでしょうか。
電気オーブンは、焼き色もなかなかつかないのですねー。

_DSC4163s.jpg

最近、朝目が覚めた瞬間、
「パンを焼こう!」と思い立つ日が増えました。
このところ、アイデアをたくさん生み出す使命の日々だからかもしれません。
生地を捏ねていると、無心になれます。
無心て素敵ですよね。
無心になると、ふといろいろなアイデアが降りてきます。
パン作りの行程が、アイデア創りにいいように思うのです。

パンが焼けたらちょうどお昼だったので、
Carotte râpéeでサンドウィッチをつくりました。

_DSC4188ss.jpg

大好きな人参サラダ,キャロット・ラペ。
パリの友人宅を訪ねたとき、ボウルいっぱいのこのサラダをごちそうになりました。
フランスの代表的なサラダです。
Carotte râpéeとは、すりおろした人参という意味ですが、
杜の家にはすりおろし器がないので、千切りです。
すりおろし、といっても、大根おろしとは違います。
チーズおろし器についているような、大きな穴で長い状態でするものです。
ことばで説明するのは難しいですね。
こんど、Tokyoに帰ったときにアップしますね。

すりおろしの方が柔らかで、味がなじみます。
フランスではこちらがメインです。
千切りは、コリコリした食感が楽しい。

■Carotte râpée
材料:人参、レーズン、塩適宜、レモン汁少々、黒こしょう、オリーブオイル適宜

1.人参は、千切りにしボウルにいれて、塩少々、黒こしょう、レモン汁少々をいれ和える。
2.レーズンはあらめに切り、1に入れ、オリーブオイルを入れる。
 ※一晩置くと味がなじんで、美味です。

momoniwaは、ルヴァンに使ったレーズンを使いました。作り立てのものなら、これでOK!
ルヴァンも一緒にいただけますしね。
あと、フレッシュオレンジを絞っていれても、フルーティな香りでいいですよ。

これを、パンの上にサニーレタス、トマトとともにワイルドに盛って完成です。
momoniwaコンテナガーデンのパセリとミントもトッピング。

ちなみに、人参は自然栽培のアシカ農園さんの香り高い逸品。
手作りpain au levain そして Carotte râpéeで、
至福なランチとなりました。

そしていざ、ライブの取材に!

きょうのひとこと

「ますますお部屋がルヴァン環境に!」


















スポンサーサイト

Comment

Comment_form

管理者のみ表示。 | 非公開コメント投稿可能です。

ご案内

プロフィール

momoniwa

Author:momoniwa
Ph.D(医学)、ヘルシーライフ・クリエーター
フォトグラファー、写真療法士、ヘルシーフードデザイナーとして活動。
アメリカ、オランダのクシ・インスティテュートでマクロビオティックを学ぶ。ニュートリエント(栄養素)をエビデンスに、マクロビオティック、Living Food(Raw Food)の考え方を取り入れたbalanced foodをデザイン。Healthy CuisineとCreative Life でココロとカラダを元気に!

最新記事

最新トラックバック

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。