FC2ブログ

ヘルシーライフ 塩とごま by momoniwa

ニュートリエント(栄養素)をエビデンスに、マクロビオティック、Living Food(Raw Food)の考え方を取り入れたbalanced foodの提案。ココロとカラダのヘルシー・クリエイティブ・ライフスタイル。

Entries

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

レンズ豆のサラダ 免疫力アップレシピ 乳酸菌活用編

Lentil Salad
lensbeans.jpg

momoniwaの18番。レンズ豆のサラダです。

材料:レンズ豆、セロリ(葉ごと)、トマト、玉ねぎ、ケイパー、
(オリーブ、ニンジンを入れてもOK!)、塩、レモン汁
1) レンズ豆は1時間程水に浸し(時間がなければ浸さなくてもOK),指で押し てつぶれるくらいの柔らかさになるまで茹でる。ゆですぎると、とろとろに崩れてしまうので注意!
2) セロリ,ケイパー(オリーブ、ニンジン)は5.6ミリのみじん切りに、トマト1センチ程の角切
 りにします。
3) 2)に塩、レモン汁をいれにあえておきます。
4) さました1)と3)を野菜からでた水分も一緒に和える。

好みや体調次第でこれにオリーブオイルをいれてください。いれなくても、かなり美味しいのでダイエット中の方などはオイルフリーでどうぞ!
そしてそのまま一晩置きます。そうすると、豆と野菜がしっくりなじんで美味です。

Momoniwaはこれに自家製乳酸菌液を入れています。(作り方はコチラ)
味のなじみもよくなるし、野菜に付着している乳酸菌の活性化も期待されます。

最後にコリアンダー(香菜)をトッピングすると味に奥行きがでます。


さてさて、レンズ豆の名前の由来はカメラでもおなじみのレンズに似てるから?

いえいえ違います。
レンズのカタチがレンズ豆に似ていたので、「レンズ」と名付けられたのだそうです。
つまり、レンズ豆のほうが先にあったわけです。
この豆の歴史は古く、紀元前から栽培され旧約聖書にも登場しているそうです。

その栄養は、タンパク質、β-カロチン、ビタミンB群(ビタミンB1、ビタミンB2、ビタミンB6)に富み、鉄分はじゃがいもの23倍以上も含まれているそうです。
また、レンズ豆には豆類特有のレシチンを含んでいます。
レシチンは免疫を高めて有害な微生物やガン細胞が増殖するのを防いでくれます。
2006年、アメリカ合衆国の健康専門月刊誌『ヘルス(World's Healthiest Foods: Lentils (India))』による世界の 5 大健康食品の中のひとつに選出されています。

入れるセロリは低カロリーな上に、香り成分「アビオイル」「セネリン」が精神を安定させる物質だそうです。また、葉にはガン抑制効果のあるβカロテンや、免疫力を高めるビタミンC、疲労回復効果のあるビタミンB1、B2、血液をサラサラにする効果があるビラジンなどがたっぷり。トマト、ニンジンもβ-カロテン豊富な野菜なので、季節を問わず食卓にのせたいサラダです。


きょうのひとこと

「こころもカラダも元気が出るサラダですよ!」
スポンサーサイト

Comment

Comment_form

管理者のみ表示。 | 非公開コメント投稿可能です。

ご案内

プロフィール

momoniwa

Author:momoniwa
Ph.D(医学)、ヘルシーライフ・クリエーター
フォトグラファー、写真療法士、ヘルシーフードデザイナーとして活動。
アメリカ、オランダのクシ・インスティテュートでマクロビオティックを学ぶ。ニュートリエント(栄養素)をエビデンスに、マクロビオティック、Living Food(Raw Food)の考え方を取り入れたbalanced foodをデザイン。Healthy CuisineとCreative Life でココロとカラダを元気に!

最新記事

最新トラックバック

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。