FC2ブログ

ヘルシーライフ 塩とごま by momoniwa

ニュートリエント(栄養素)をエビデンスに、マクロビオティック、Living Food(Raw Food)の考え方を取り入れたbalanced foodの提案。ココロとカラダのヘルシー・クリエイティブ・ライフスタイル。

Entries

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

ビーツで老廃物をデトックス

ビーツ1
自然栽培の宅配をしているアースランドさんのお野菜セットに、福岡県糸島産・はじめ農園さんの赤ビート(ビーツ)が入っていました!
最近、日本でも少しずつ目にするようになってきましたね。

ビーツ3
切ってみると、なんて美しい赤ピンク色!

ビーツといえば、ロシア料理のボルシチを思い出しますが、
momoniwaがビーツを見るたびに思い出すのは、カリフォルニアにある小さなレストランの温サラダです。

もう14年も前のことになりますが、
バークレーの地元有機食材を使ったレストラン・シェパニーズ(Chez Panisse)にはじめて訪れたときの、
ビーツの温かいサラダをいただいた爽やかな感動が、昨日のように蘇ります。

ビーツは泥臭い!
といイメージがありましたが、好きな大きさに切り、茹でたてのビーツに、シンプルに粗塩とオリーブオイルとレモンでいただくと、
優しい甘みが口に広がり、自然に笑顔になってきます。

シェパニーズのオーナー、アリス・ウォータースさんの素材を活かした食べ方は、
どのお料理も食材本来の味を尊重したシンプルなものでした。

そのためには、素材の良さ、つまり、野菜なら農薬を使用していないことは大前提ですね。
肥料も使わない自然栽培は、さらに野菜本来の生きる強さもいただく事ができると思っています。

ビーツ2

ビーツはホウレン草と同じアカザ科のサトウダイコンの仲間です。甜菜(sugar beet)糖の原料になるのは、白っぽい色をしたもの。いずれもマグネシウム、カルシウム、リン、ナトリウム、鉄分、カリウムが豊富で、さらにビタミンA、B、C、E、ビオチン、ナイアシン、葉酸、食物繊維も豊富に含まれているそうです。
また、血管の筋肉を柔軟にして血流をスムーズにする働きがあるNO(一酸化窒素)を多く含み、冷えやむくみ予防し、美肌、ダイエット・、疲労回復や基礎代謝向上への効果が期待されます。

さらに!
赤ビート特有の真っ赤な色素成分は強い抗酸化力を持つ色素栄養素「ベタイン」です。
この「ベタイン」が、ガンを予防するのに有効であるといわれています。
また、血液中の解毒酵素のレベルを上げ、肝臓で解毒作用を促進させる重要な働きもあり、糖尿病による肝機能低下の改善やコレステロールの減少なども報告されています。

ビーツを日常に取り入れて美味しくデトックスしたい!って思いますよね。

ポピュラーになって欲しいお野菜のひとつですね!


自分にしてあげられること

IMG_0040のコピー

最近、momoniwaはお弁当箱を新調しました。

プロダクトデザイナー・大治将典さんデザインによる石川県、輪島で育ったあすなろの木でできもの。

あすなろはヒノキ科なので、とてもいい香り。
殺菌効果もあるので、お刺身をいれても大丈夫だとか!
お寿司もできそう。
IMG_0374のコピー


自分を大切にすることは、ヘルシーライフの大きな要素ですよね。
最近のmomoniwaは、意識的に自分にしてあげられることにフォーカスしています。

いままでもお弁当は作っていましたが
作るのも、開けるのもワクワクするようなお弁当箱をずっと探していました。
やっと出会ったのが、「輪島キリモト」さんのあすなろBENTO-BAKOでした。
IMG_9966のコピー


このお弁当箱がやってきてから、自分へのお弁当づくりがいままでの何倍も楽しくなりました。

自分にしてあげられること。

作ることも、開けるときも、嬉しい気持になれることが、
シンプルに幸福だなって感じられます。

出会いって不思議ですね。




自分のための時間

「忙しい」という漢字は「心亡」、つまりこころを亡くすと書きます。

自分のことを後回しにし、自分の気持、こころに目を向けない。

そうしていると、いろいろなことが起って、自ずと自分に向き合う自体がやってきます。

不思議なほどに。


忙しさにかまけていると、momoniwaにもそんなことがしばしば起ります。

「また、私のこと忘れてるでしょ!」

と、存在を示してきます。

そんなときは、ごめんごめん!と、自分のために時間を使うことにしています。

自分に向き合うために静かな場所に出掛けたり。
熱田神宮1のコピー

IMG_9925のコピー

そして、こころの赴くままに世界を眺めたり。

自分に向き合い、自分をいたわり、自分が喜ぶことをする。

何気なく咲く花たち。
IMG_7221のコピー

光のダンス。
IMG_7111のコピー

子供のこころに帰れば、 なんでも宝ものに見えるもの。
海岸光

世界は思っているより美しかったりします。

そしてなによりも、頑張っている自分に感謝することを忘れずに。
きょうは、そんな自分のために心を込めてお弁当も作ってみました。
お弁当のコピー

こころを味わうって、なんだか温かい。

自分を大事にする。

自分の声を聴く。

自分と繋がる。

すると、どんどん力が涌いてくるのを感じます。










写真でこころを開放!

気づけば、夏が終わっていました!

momoniwaは6月ごろからずーっと論文の追われ過ごしておりました。

なんだかこういう状況が続くと、こころがスカッと晴れません。
お休みの日に出掛けても、なんだか「あー、やらなきゃ」という気持がこころを支配して、
結局、ギルティな時間が過ぎていくだけ。
こころから楽しむことができない自分がいました。

もう限界!!!

なんて思ったときに、所用で出掛けた長野で自然に触れ、
惹かれるままに写真を撮り始めたら!!!
奈川2017_2のコピー

いろいろ楽しい世界が見えてきました。
奈川2017_4のコピー
大きな杉が山のように積んであります。圧巻!

もう、秋はこんなに深まっていたのですね!
奈川2017_5


今度は美しい薪小屋発見!。
奈川2017_3のコピー
以前,撮影に通ったコッツウォルズを思い出しました。

美しい木曽川の流れにため息・・・!
木曽川

好きなものを探してどんどん写真を撮っていくうちに、
自分でも驚く程、こころも体も回復しました。

早く家に帰って仕事をするつもりが、
楽しくて楽しくて、夕方に。
こころから「楽しい!」と思えた時間!
こんな気持何ヶ月ぶりかしら!

気持の切り替えには自信があったmomoniwaですが、
いろいろな自分がいるものですね。
結局、自分で創り出しているんですね。

IMG_7530のコピー

そして自然の力を、写真の力を改めて実感した今日この頃でした。




春のランチプレート

春のプレートs

日に日に温かさが増してきましたね。

ついに春到来!!!

なんだか忙しさに追われてしまう日々ですが、
週末くらいはゆっくりとしたいものです。

お料理も自分に向き合う大事な時間。

オーガニック・ファーマーズマーケットのお野菜で、
春のランチプレートを作ってみました。

お野菜とともに、オリーブオイルとレモンで味付けし、ケイパーの香りが新鮮なポテトサラダ。
おいもをつぶした簡単ポテトクロケット。

なんだかごちそうに見えますね💓

熊本のさくらの園さんの自然栽培紅茶を入れて香りを楽しみます。

気分を変えて光いっぱいの窓辺でいただきました。

ほっとしてる!

自分が喜んでる。
喜んでいる!

そんな日が絶対に必要ですね^^







ご案内

プロフィール

momoniwa

Author:momoniwa
Ph.D(医学)、ヘルシーライフ・クリエーター
フォトグラファー、写真療法士、ヘルシーフードデザイナーとして活動。
アメリカ、オランダのクシ・インスティテュートでマクロビオティックを学ぶ。ニュートリエント(栄養素)をエビデンスに、マクロビオティック、Living Food(Raw Food)の考え方を取り入れたbalanced foodをデザイン。Healthy CuisineとCreative Life でココロとカラダを元気に!

最新記事

最新トラックバック

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。